コストを削減する為に!賢く倉庫を選ぶ方法

倉庫で使われる電気代を削減する

借りてきた倉庫を使っている際に発生する電気代は、倉庫を借りている人間が全額を負担する事になる場合が多いです。だからこそ少しでも電気代を安く抑えられる様な倉庫を選んでおく事によって、経営を圧迫せずに気軽に倉庫を利用していける様になりますよ。最近では消費電力の低い電球なども販売されていますから、広い倉庫で使われている照明器具を全て低消費電力の製品に変える事で、どれだけ年間の電気代を削減出来るかといった工夫を考えてみましょう。

冷暖房の効率に優れている倉庫

物流管理を行う為に倉庫を借りている場合は、その倉庫の中で空調を使う必要が出てくる事も多いでしょう。そういう時にチェックしておきたいのは、どれだけ気密性に優れている倉庫なのかという点です。気密性が悪い倉庫の場合は、空調設備を使っていても直ぐに外気の影響を受けてしまいます。そのせいで余計に電気代がかかってしまい、年間にすると相当な負担になる事も有り得るのです。倉庫を貸している企業も、気密性の高さにこだわっている事が多いですから、それぞれの倉庫の説明をよく聞いておく事がオススメですよ。

倉庫が建っている立地でもガソリン代は大きく変わる

何十台ものトラックを使って、頻繁に物資を倉庫に運び入れる事になる場合は、その倉庫までの道のりに坂道が多すぎないかを調べておく事を推奨します。かなりの傾斜の坂道が幾つも続いている場合は、それだけでトラックの燃費が悪くなってしまいかねません。そのせいで年間にして相当なガソリン代の違いが出てくる事もありますし、坂道という事もあって運搬に時間がかかってしまう事も有り得るので、注意をしながら倉庫を比較する様にしてください。

物流はトラック・航空機・鉄道・フェリー等が支えていますが、最も輸送量が多いのはトラックとなっています。